子どもと家族のための緊急提言プロジェクト





すべての妊産婦と親子を孤立させない社会を目指して

活動ニュース

★12月21日、小倉・少子化担当大臣に面会し、子育て政策の大幅拡充と財源確保を求める緊急要請を行いました。

 面会は、公益財団法人あすのば、みらい子育て全国ネットワーク、にっぽん子ども・子育て応援団の3団体の皆さんと一緒で、生後8か月のナナちゃんも要請行動に加わってくれました!



 岸田首相が約束した「子育て予算倍増」の検討は進んでおらず、危機感を抱いた4団体の我々から「早急な検討と具体化を!」と要請。
 小倉大臣は「来年から議論を活発にしたい。応援団の皆さんと一緒に進めていきたい」と発言され、私たちも応援のエールを送りました。



<ダウンロード>子ども子育ての包括的政策と財源の具体化を求める緊急要請

大臣との面会をテレビ各社が報道してくれました!
日本テレビ
NHK
テレビ東京



★私たちが求めてきた出産費用の問題で大きく前進!

 10日に記者会見した岸田首相は、現在42万円の出産育児一時金を50万円に増額すると明言し、政府の方針として発表しました。
 ブラックボックスになっている病院ごとの出産料金についても、透明化に取り組むと約束。首相のこの英断を評価し、英断を後押ししてくれた自民党「出産費用の負担軽減議連」の皆さんのご尽力に感謝し、過去最大という大きな増額を歓迎したいと思います。
 ただ、さまざまな事情のある妊産婦を含め、すべての人が「お財布の心配なく産める社会」になるには、「自己負担なし」の実現がやはり必要。
引き続き、「#出産を無償に」を掲げ、同じ思いの方たちと実現を目指していきます!



★11月28日に「こども子育てまんなか政策」オープンミーティングを開催しました!

 詳細はこちらをご覧ください。





#出産を無償に

 出産費用の無償化を求める署名キャンペーン〈出産を原則無償にしてください〉を始めました。
 Cahnge.orgでなぜ無償化が必要なのか、ぜひ知ってください。賛同や拡散のご協力もお願いいたします。



 web調査の自由記述欄に寄せられた、多数のママパパの『出産費用が高い!』という声。
 この声に背中を押されて、今回の〈#出産を無償に〉署名キャンペーンを始めようとなりました。
<ダウンロード>出産費用web調査・自由記述「100人の声」
<ダウンロード>出産費用調査・公表資料
<ダウンロード>出産費用調査・単純集計データ

 2022年6月18日に署名キャンペーンキックオフシンポジウムをオンラインで開催しました。
 当日の配信はこちらからご覧いただけます。




皆支援 皆保育 財源 の実現を

コロナ禍で浮き彫りになった、妊産婦や子ども、子育て家庭の課題。
孤立や不安から子どもと家族を守る、包括的サポートが今こそ必要です。
――それは、妊娠期からの伴走型支援〈皆支援〉と、すべての子どもの成長と発達を守る保育保障〈皆保育〉を実現することーー
子育て政策を本気で前進させ、誰ひとり孤立させない社会へ。

私たちの活動ニュース

こども庁構想に向けた
「子ども・ 子育て政策の改革 5つの緊急提言」(抜粋)

1.安心して妊娠・出産、 育児臨める社会環境を確立すること

2.すべての人に「妊娠からの伴走型支援」を保障すること 〈皆支援〉

3.すべての子どもに発達と成長の環境を保障し、すべての家庭を孤立から守るために「保育保障 」を実現すること 〈皆保育〉

4.国の所管を統合した「子ども家庭省」を創設し、総合的・横断的な司令塔機能を持たせること。併せて、自治体の行政窓口も一元化を図ること

5.すべての子どもと親、妊産婦のための「ファミリーポリシー(家族政策)」を確立すること。「子どもと未来保険(基金)」を創設し、財源の統合と確保 (GDP比3%を目標)を実現すること

5つの緊急提言 全文はこちらから >>

プロジェクト体制

■提言実現を目指す市民運動の共同代表

佐藤拓代 医師、全国妊娠SOSネットワーク代表理事
堀田 力   さわやか福祉財団会長
(50音順)

プロジェクトメンバー >>